おいしい珈琲とは∂篝屋のスタイル

私の店では珈琲は一単位ごとに個別包装をしています。なぜかというと、基本的に1人で応対するから、また室内のエアコンで表面劣化しないよう、工夫しています。

お客様はご注文をして焙煎の間お待ちになります。お待ちになる間にサービスで試飲コーヒーをお出しします。

その場ですぐ焙煎して購入できる店は、だいたいゴミゴミと埃っぽいことが多いのですが、少しでもスッキリした感じをあたえるのは大切かなと思います。


お客様がのみたい珈琲を、説明してご紹介する場合、私はまず、いまどこのメーカーのコーヒーをご利用かをうかがいます。またはお好きなお好みを尋ねます。

焙煎をみて楽しそう、珍しいといわれることも多いですね。

お客様の知りたいコーヒーの情報をメニューのようにつらつらと話せたら一番いいですよ。

コーヒー屋の自己満足話ではなく、その中からこれをどうか?とオススメする。近い味を尺度にして、説明する能力はとても大切です。

なんとなく酸っぱい、ではなく、『いちごのような🍓酸味』と言った表現など。

わかりやすい説明は大切だと常に思って対応する毎日ではあります。

コーヒーの基礎知識を勉強する前に、食品の加工基準を知っておくことは私にとっては大きな糧となりました。

意外かもしれませんが、コーヒーインストラクターの講座を受講する際、これが正解なのだという内容は講義内では敢えて説明はありません。

これが正しい保存法だという前に、いろいろな保存の方法と仕組みが説明されるのです。


つまりは抽出、焙煎など、どうしてこうなるのかという意味を理解することをせず、ただ話を鵜呑みにしても、インストラクターにもマイスターにもなれないということを、受講者が気がつかないならば、試験は記述することもできないようになっています。


製造過程の内容理解と、食品の劣化基準に対する基礎知識はないと、絵に描いた餅の話をするようで、お客様にご納得いただけるご説明には到底至りません。いわゆるその道のボキャブラリーはないと、難しいです。


私はコーヒーインストラクターになった際に感じたことは、お客様にわかる説明ができることがまず必要であり、ただ薀蓄屋のコーヒー屋では2回目のご来店は獲得はできないと気づきました。

本当に薀蓄が多い珈琲店はたくさんあります。賛否両論な内容を真実は一つのように話すのはどうかと思うんです。


珈琲は嗜好品です。


こういったところ、真摯でありたいですね。


私の店では、パンフレットには味の評価を自分なりに図にまとめてわかりやすい表現を心がけています。ネットの時代ですがアナログな手段は大事だと思っています。

http://midoucoffee.shop/

♯珈琲焙煎魂

新鮮なコーヒーはこうなるのが普通です。

私の店では注文焙煎なんで新鮮な豆を販売するのが特徴。普段飲まれる珈琲の酸味と、豆が酸味してる味がとを勘違いされていることがあります。新鮮な珈琲の酸は爽やかで果実のような甘みもあります。これはうちの店では当たり前。私はフードスタイリストでもありますからシズルに嘘はなしhttp://oba21638.jugem.jp/manage/?mode=smp_write&eid=5





美味しいコーヒーとは‘Δ寮源魂當を知ってあげること

JUGEMテーマ:美味しいコーヒーを楽しむ

 

美味しいコーヒーを飲むには、皆さんはどうされていますか?


気に入った器具を選び、もちろんご自分の趣味もあると思います。
器具を選び自分なりのおいしいコーヒーを探求する過程が
面白いのは、言うまでもないことです。

コーヒーというのはもともとアカネ科の木の実です。
種から発芽して3年目で小さな実をつけだすものがあります。日本では気候の関係で、小笠原諸島に数か所、沖縄に数か所と実際に珈琲を生育できる環境はあります。
コーヒーベルト

コーヒーというのは、コーヒーベルトといって北回帰線、南回帰線という赤道を挟んで20度の地域に産地が集まっています。
厳密に言うならば、
黄色い部分がコーヒーベルトと呼ばれる緯度の範囲。なお、緑色に塗られているのは、2011年現在におけるコーヒー生産量の上位20ヶ国です。

つまりは、多湿で日中の温度が高く、朝晩の温度差の高いところに
生育圏があるのです。
もっとわかりやすく言うならば、
「朝晩が霧が立つくらいに冷え込むのに、日中は30度ちかい温度が年間で一定に保てるところ」
といえるでしょうね。

コーヒーの実というのは薄い果肉の中におおきな種があります。
わかりやすく言うと梅の実を想像してください。梅には果肉がたくさんあります。コーヒーチェリーには薄い果肉があり、甘い味がします。
梅の実でいう固い種の中に小さな果肉がありますが、
地方によるとこれを天神さまというところもあります。
この天神様にあたる部分が種なのですが、コーヒーの場合、やはり中には大きな種があり、殻をまとっています。この殻を割った中にコーヒーの豆が入っているのです。
豆
コーヒーの場合この果肉をはがし、殻を割り、中の種を取り出す。
この過程を工夫することでコーヒーの味が変わってきます。
これは生産地でのそれぞれの方法があり、インドネシアは非水洗処理が多いです。
スペシャルティコーヒーの部類では軽く洗う処理も最近は行うものもあります

日本に珈琲がはいってきたのはいつでしょう?
日本には18世紀には長崎の出島にオランダ人が持ち込んだといわれています。
本格的な輸入というのは、幕末になってからです。

もともとエチオピア、トルコなどでは珈琲は薬効があるとかないとか、カラダにこれはいいぞということで男性が主体に飲用することが多かったそうです。

日本では、かねてからの友好関係にあったブラジルの珈琲が入荷してくることになりました。

現在ブラジルは世界で作られているコーヒーの中で一番の生産量で、日本にはブラジル産がおおく入荷してきています。
コーヒーといえばどこの産地が一番日本に入ってきているのかといえば「ブラジル」が一番ではあります。しかし、2番目に多く日本に入荷してくるコーヒーの産地はどこなのでしょう?

コーヒーの産地ブラジルといえば、その次はコロンビアあたりと思われますでしょう?。

2番目の輸入国はなんと「ベトナム」なのです。

コロンビアは現在世界第4位くらいです。中米地域は害虫などの被害もあったり国情もあります。
農地がブラジルのように広大な平地ではないのが、中米の特徴です。

コーヒーは日本では採れないものです。私は焙煎の所で落ちている生豆を拾いつつ、
これは「ブラジル」、「コロンビア」と生豆をみて、コーヒーを覚えました。いまでは生豆をみてわかるようになりました。

いつも素材は大切に、おいしく焙煎してお客様によろこんでいただける珈琲をと心がけております。

次回はこのつづきから(^^)

 





2018年11月07日のつぶやき

11:02
ご注文珈琲を焙煎中(^^) 焙煎機毎に音が違うんですけど、わかるかな?#珈琲豆の声 https://t.co/wLyDgZuSiD
00:06
「私たちにできる自然保護支援」当店では猛禽類医学研究所の齊藤慶輔監修フィールドブレンド寄付金付き珈琲販売しています。??寄付収益金は、御堂珈琲店から、猛禽類医学研究所を通じて、オオワシ、オジロワシ、シマフクロウなど絶滅の危機に瀕し… https://t.co/kljRFTxEdd

「コーヒー豆の名前」

 

「美味しいコーヒーを楽しむ、私はコーヒーが好きなんです。」

お店にいるとお客様から、よくこういわれます。

 

これは珈琲のお好きな方それぞれの楽しみ方があるもので、

自分の大好きなコーヒーのお話を聞かせていただいています。

 

大好きなコーヒーを飲みながら、この珈琲の生まれたところはどんなところだろうか?
と考えてみていただきたいのです。

 

私はコーヒー豆は、お客様のところにたどり着くまで、どんな旅をしてきたか、

その話を聞いてあげることにしています。
その旅の話は、豆を焙煎するときです。
「よくきましたね。」こんな具合です。
焙煎する際には珈琲は焙煎機のなかで、シャンシャンとマラカスを振るような軽快な音をたてるのです。
同じ音のようで、品種によってすべて違うのです。
コーヒー豆は、暑い季節を経て、収穫され、硬い殻を破って、
そしてようやくコーヒーらしいカタチになって、出荷されます。
日本にたどり着くまで、本当に長い旅をしてやってきます。
お店で売られているそれぞれの珈琲には、産地の名前がついていたり
特徴を生かした生産方法を名前にしているものもあります。
私は、珈琲は農産物であり、野菜と同じだと考えています。
たべられる野菜にはすべて名前があるように、コーヒー豆にも、
「私たちを、知ってほしい。覚えてほしい」という生産者の想いを託した、名前があります。
味もその年の気候や、生産された状況を一番反映しています。
これまで、私はお店で、岩田焙煎珈琲で対面販売を行ってまいりました。
昨年より、横浜市青葉区大場町の一軒家で「御堂珈琲店」として
営業をしていますが、対面販売と違い、お客様に発信するコーヒーについて店頭で
ご説明していたように至便にはできない部分もおおくなりました。
横浜市青葉区大場町の店では自分の自宅で、現在販売をしています。
これまでのお客様の中には、新店舗にはいらっしゃれないお客様も大変多いとおもいます。
これから、コーヒーについてブログという形で
珈琲屋の珈琲についてのお話を掲載していきたいと思っております。
どうぞよろしくおねがいします。

↓タンザニアAAモンデュールの果実(コーヒーチェリー)

タンザニアAA
店舗御堂珈琲店 店舗


 

コーヒー生豆

(なんという豆でしょね?インドネシア・トラジャです)

 

 

2018年11月06日のつぶやき

23:49
注文焙煎珈琲で楽しむ、新鮮な香りのコーヒー??珈琲は焙煎して3日目にカッピングして味を確認します。 保存料なし、香りはピュアです! これはケニア??ギギリマ 爽やかな酸味が人気ですhttps://t.co/8cYm5iQREP https://t.co/MbUQSSRRsi
23:09
御堂珈琲店のツイッターをはじめました。横浜市青葉区大場町で注文焙煎珈琲専門店を営んでいます。2017年6月に横浜市青葉区柿の木台(最寄駅:藤が丘)より店舗を移転し、岩田焙煎珈琲から独立いたしました。
1